サクッと読める知識

72の法則とは?投資初心者でもわかるお金の増え方

72の法則

って知っている?

りょうこ
りょうこ
知っているあなたはマネー賢者ね♡

 

この法則を知っていれば、資産がどのくらいの年数で2倍になるのかを知ることができるのよ。

詳しく解説していくわね。

 

72の法則とは

資産運用において元本が2倍になる年数や年利が簡単に求められる法則のことよ。

 

72÷年利=資産が2倍になる年数

72÷資産を2倍にしたい年数=年利

 

 

予定利回りから計算する方法と、
資産を2倍にしたい年数から計算する方法の2パターンあるの。

 

予定運用利回りから計算

 

72を予定運用利回りで割ると、元本が2倍になる年数が算出されるのよ。
予定利回り1%〜10%の場合、元本が2倍になる年数は以下のグラフの通り。

 

予定運用利回り元本が2倍になる年数
1%約72年
2%約36年
3%約24年
4%約18年
5%約14年
6%約12年
7%約10年
8%約9年
9%約8年
10%約7年

 

 

りょうこ
りょうこ
ここで質問、あなたの資産をただ銀行に預けているだけだと、何年で資産が2倍になるかしら?

 

今の定期預金の金利は0.01%よね。これを計算式に当てはめると。。

7200年後

 

今から約7000年前は縄文時代だぜ。

 

縄文時代に定期預金をしていたらあなたの資産は今2倍になっているの。

ま、生きていないけどね。

だから、資産を眠らせていてはダメなの。

 

資産を2倍にしたい年数から計算

もしあなたが資産を○年で2倍にしたい、と言う明確な年数目標を持っている場合、
その目標を叶えるために年利○%で運用をしなければいけないのかが求められるのよ。

資産を2倍にしたい年数年利
5年14.4%
10年7.2%
15年4.8%
20年3.6%
25年2.88%

10年で資産を倍にしたいのなら7.2%で運用する必要があるよね。

 

 

72の法則と100の法則

72の法則は複利で運用した場合に当てはまるの。

単利で運用した場合は、「100の法則」を使うのよ。

計算式は72の法則の72を100へ変えるだけ。

単利と複利の違いはなに?受け取る利子に大きな差があるって本当?投資家なら必ず知っている単利と複利。投資初心者にもわかりやすく解説。投資案件の選定基準にもなる単利と複利を理解しよう。...

 

 

まとめ

今回紹介した72の法則で算出される金利や期間は、大まかな数字であって、正確なものではないことに注意しておいて。

でも、目安となることは確かよ。

表からもわかるように、長期投資では早く始めることが大事ってことがよくわかるわよね。

この事実が分かったあなたはどうする?

りょうこ
りょうこ
投資の知識を身につけて資産運用をはじめましょう♪