投資初心者

なぜインデックスファンドは投資初心者にオススメなの?

投資の勉強をしていると「インデックスファンド」ってよく見聞きするようになったんだけど、インデックスってどういう意味なの?僕、横文字は苦手だ。
りょうこ
りょうこ
勉強熱心ね!「インデックスファンド」を中国語訳すると「指数基金」と書くらしいわよ。
そ、それだけじゃ分からないよ〜!
りょうこ
りょうこ
インデックスとは「指数」や「指標」という意味なの。そしてインデックスファンドは投資初心者にもオススメの投資方法なのよ。詳しく説明するわね。

 

この記事で分かること
  • インデックスファンドの意味
  • インデックスファンドとアクティブファンド
  • 投資初心者にオススメの理由

 

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは、特定の指標(インデックス)と同じ値動きをするように運用する投資信託のことなの。

特定の指標って?

例えば、日経平均株価やTOPIX、ダウ平均などの株価指数のことよ。基準となる指標は、その投資信託のベンチマークと呼ばれるの。

何をベンチマークとするかはファンドによって異なるわ。

例えば、日経平均株価をベンチマークとした日経平均インデックスファンドの場合、値動きは日経平均株価と連動するように運用されているの。

 

出典:NIKKEI STYLE

 

りょうこ
りょうこ
他にも代表的なインデックスを紹介するわね。
インデックス 概要
日経平均株価 日本企業を代表する大型225社
TOPIX 東証1部上場の全銘柄(約1,700社)
S&P500 米国企業を代表する大型500社
NASDAQ 米新興市場NASDAQ上場の全銘柄
NOMURA-BPI 総合指数 日本の公社債(国債や社債など)市場の動向を表す代表的な指数
シティグループ
世界国債インデックス
先進国(23か国)の国債
東証REIT指数 東証に上場する全てのJ-REIT銘柄(約40銘柄)
S&P GSCI 商品指数 原油、金、小麦など24種類の商品先物

グラフでも分かるように、株式の市場動向を示すもの以外にも、債券や不動産、商品(コモディティ)などのインデックスもあるのよ。

 

インデックスファンドとアクティブファンド

「インデックスファンド」とよく対比されるものに「アクティブファンド」があるの。

アクティブファンドとは、独自の銘柄選択や資産配分により、株価指数等の動きを上回る投資成果を目標とする運用方法のこと。

ベンチマーク以上の成果を出すためにファンドマネージャーがせっせと売買をしているのよ。

ベンチマーク以上の成果を出すならインデックスファンドよりアクティブファンドを選んだ方がいいんじゃないの?
りょうこ
りょうこ
アクティブファンドよりインデックスファンドをオススメする理由は2つあるわ。
  • 手数料の違い
  • リターン(収益)の違い

 

手数料

インデックスファンドとアクティブファンドを対比するならば、手数料の違いね。

インデックスファンドは、基本的にベンチマーク(指標)に合わせるようにポートフォリオを組むだけだから、運用する側の労力も抑えられる。

その一方、アクティブファンドはプロが独自に分析をしたりして投資の最終判断を下しているから手間がかかっていて、その分手数料も高くなるの。

インデックスファンドの年間のコストは0.1%〜0.2%程度。アクティブファンドの多くは1%以上のコストになっているのよ。

リターン(収益)

実は、ほとんどのアクティブファンドがインデックスファンドに勝てないという事実があるの。

国内株式クラスのアクティブファンドのインデックスファンドに対する勝率は、1年で26%、3年で33%、5年で39%、10年で32%しかなく、全期間をとおして20~30%台の勝率しかありません。つまり、アクティブファンドの70~80%はインデックスファンドに負けているということになります。
引用:お金は寝かせて増やしなさい/水瀬ケンイチ

アクティブファンドの7〜8割が負けているなんて衝撃すぎる。
りょうこ
りょうこ
世界的にみても同じ傾向にあるのよ。

ただ、もちろん成績のいいアクティブファンドも存在することは確か。その場合、アクティブファンドの方がインデックスファンドより増えたりもする。

でも初心者がそのようなファンドを選択するのはほぼ不可能と言えるわ。

 

投資初心者はインデックスファンド

だからこそ、インデックスファンドは投資初心者にオススメなの。

さっきも話したけど、個別株のように企業の業績を分析したりする必要はなし!投資の知識があまりなくても失敗する可能性は低いと言えるわ。

細かい枠組みではなく「日本経済」や「アメリカ経済」、「世界経済」や「テクノロジー分野」といった大きな枠組みを選んで投資することができる。

世界三大投資家の一人、フォーレンバフェットもインデックスファンドへの投資を薦めているのよ。

ここでわたしから、プロではない一般の方に対して良いお知らせがあります。(中略)
一般の方が目指すべきなのは、勝者を当てることではありません。ご自分だけでなく、「助力者」の方にもできないでしょう。そのかわり、多様な領域にわたる企業を保有するのです。そうすることで、総じてみれば必ずやうまく機能します。経費を抑えたS&P500のインデックス・ファンドを使えば、この目標を達成できると思います。
出典:2013年度バフェットからの手紙 – 投資に関するわたしからの助言(2)

 

説得力がある!

 

まとめ

今回はインデックスファンドとアクティブファンドについて。そして、投資初心者はインデックスファンドを選ぶべき理由をお伝えしてきたけれど、もう一度おさらいするわね。

まとめ
  • インデックスファンドの方がコストが安い
  • インデックスファンドの方が過去の成績が良い
  • 初心者はインデックスファンドの方が総じてうまく機能する

 

投資で失敗したくない投資初心者の方は、まず失敗しない知識を身につけてみて。

オススメの方法をコッソリ教えるわね♪